創業70年 名匠の技と真心が作り出す、伝統美の世界

創業70年 名匠の技と真心が作り出す
伝統美の世界

兵庫県加古川市にある「陣屋」は、日本人形を製造から販売まで手掛ける老舗の人形屋です。
江戸時代から受け継がれた技と真心が創り出す人形は、伝統美の世界観を醸しだしています。職人ひとりひとりの手で創られる人形は、顔だけでも、造作・表情つくり・塗装・床山(髪)などの巧みな技術が必要となります。さらに、同じように胴体、腕、指先、持ち物、衣装の技が積み重なり、すべてを調和させていくことで完成となります。人形一体を創り上げるために、まさに国宝級の技を集結させて、一体一体丁寧に真心こめて作っています。

陣屋は、江戸時代の姫路藩加古川役所として、宝暦2年(1752)3月18日に建造され、参勤交代のために加古川宿を通行、宿泊する大名に対する応接などに使われていました。明治18年8月9日には、明治天皇が西国街道を巡礼の際、ここで昼食をとられた時、松盆栽を陳列していたことから、「樹悳堂」という名を明治天皇よりいただいたという歴史があります。建物内部は良好に残っており、江戸時代の加古川宿の面影をのこす建物として大変貴重です。平成10年1月8日に市指定文化財に認定されています。

お取り扱い関連

お取り扱い関連

お取り扱い等や用語、よくある質問などこちらにまとめております。

お知らせ

2018-11-13

羽子板飾りのご紹介

2018-11-07

迎春用。羽子板・破魔弓の展示会のお知らせ

2017-08-18

公式サイトリニューアルのお知らせ

このたび陣屋の公式サイトをリニューアル致しました

Facebook