五月人形

端午の節句に甲胄の回りに飾ります。鍾馗、神武天皇、金太郎、桃太郎、白馬等各種ありますが、どれも魔除けとしてお守り替わりに飾ります。 内飾り、外飾り、共に男の子のすこやかな成長を願って飾る物ですので、大きさや色合いよりも、心がこもってさえいれば一番良いお祝が出来ると私たちは考えます。 菖蒲の花や柏餅で、元気な初節句のお祝いをしてあげて下さい。

端午の節句の由来

「端午」とは古来、月初めの午の日を指しましたが、奇数月の同じ数字の重なる日を節句としたならわしから、いつの頃からか五月五日に限られるようになったものです。この日が「子供の日」として祝日に定められたのは、昭和23年です。厄除けにつながる菖蒲湯の風習を残しながら、五月人形(5月人形)を飾って男の子の成長を祝う習慣は、我が国独自の端午の節句行事として、現代にも受け継がれています。

鯉のぼり(こいのぼり)・登竜門の由来

鯉のぼりの由来は、鯉が「龍門」という急流の川をのぼると龍になって天へ登るという中国の伝説からきています。健やかな成長と立身出世を願うご家族の温かいまごころです。鯉のぼりを立てることは、男児の誕生を天に告げ、その守護を願うための目印ともされています。 「無病息災」と「健全な成長」、ひなまつりはこの健やかな成長の願いを具現化したものです。

五月人形(5月人形)の由来

端午の節句は初めは五穀豊穣(ごこくほうじょう)を祈る、宮廷の重要な祭り事の日でした。五節句の一つとし て、月の初めの午(うま)の日を指し午と五をかけて五日とし、当時農業にとって重要だった5月ともかけて五月五日に行われていました。奈良時代後期に中国から伝わったとされております。 その後平安時代に入ると病気や厄災をさける為の行事ともなり、菖蒲を飾り、蓬(よもぎ)などの薬草おふるまうようになりました。 戦国の世になり、鎌倉時代には、菖蒲と尚武をかけて「尚武の節句」として、盛大に祝うようになりました。その頃から武具を飾り、武運を祈ったそうです。それが江戸時代中頃より、男児の誕生を祝い、立身出世を願うようになり広く町民の間にも普及していきました。 しかし、庶民階級は本物の武具を持っていないので、木や革で作った 武具(鎧兜)を飾りました。次第に経済的に力をつけた町人が武士階級を圧倒するようになり、初節句の祝いも盛大に祝うようになっていきました。そうした町人の武士に対するあこがれと対抗意識がミニチュアの飾り物ながら武士のシンボルともいえる甲冑を飾ることに結びついたのだと思われます。初めの頃は門前に幟や吹流しを立ててお祝いしていましたが、次第に室内飾りも豪華に立派になっていったようです。 江戸後期には鯉のぼりも甲胄飾りも、かなり精巧で芸術的価値の高い物も作られました。文明開化の明治になると、新政府は五節句を廃止してしまいました。端午の節句はすでに男子誕生の祝い事として定着していましたし、特に子供に対する愛情の表われでもある、上巳・端午・七夕の三つの節句は今日でも盛んに行われています。

鯉のぼり (こいのぼり)

鯉は生命力が強く出世魚とされていて、男の子の誕生と将来の立身出世を象徴するのにふさわしい魚だと考えられました。また中国の伝承にある「鯉の滝のぼり」にも由来する意味もあり、黄河の上流にある「登竜門」を登ると龍に化して天に昇るという伝説が、男の子の立身出世に結びついたとされています。 初期の鯉のぼりは吹流しだけで、幟や武者幟、鐘馗旗と共に庭先に立てていましたが、江戸時代になると町人の間で幟に対抗して鯉のぼりが盛大に立てられるようになりました。

端午の節句の料理(初節句)の祝い方

本来は五月五日の子供の日当日ですが、その前の都合の良い日でもかまいません。みんなでお祝いする事が一番大事なのです。両家の両親やお祝いを頂いた方、親しくしている方々や、友人たちを招いて下さい。 お祝いには 菖蒲と柏餅や粽が基本です。菖蒲は長ければ長い程良く、菖蒲酒や菖蒲湯にしても使います。 当日のごちそうは鯉又は川の魚と山の幸をメインにちまきなどをふるまいます。菖蒲をひたしたお酒は、菖蒲酒として邪気を払うとされ縁起が良しとされています。

お祝いのお返しは柏もちやお赤飯に赤ちゃんの写真を添えると喜ばれるでしょう。その際、「内祝い」としてお子様の名前で渡します。

五月人形の片付け方ワンポイント

5月人形を飾っている間のお手入れは、羽根ばたきを軽くかけ、埃がたまらないようにしましょう。 五月人形を収納時は、丁寧には羽根ばたきをかけてきれいに埃を払ってしまって下さい。通常の時よりも少し強めにパタパタして、目地に詰まった埃も払ってください。 細かい目地やはたきのかけずらい所には、歯ブラシや絵筆等を使うと埃を払いやすくなります。部品どうしがこすり合わないように白紙やタオルなどを巻いてしまうのも良いですね。 5月人形は入っていた時と同じようにしまうのが基本ですが、わからなくなってしまった場合、無理に押し込むようにすると曲がったり壊れたりしてしまう可能性があります。必ず同じようにしまわなければいけない訳ではないので、他の箱等にゆったりとしまうのも良いでしょう。 五月人形(5月人形)イメージ鎧兜の金属部分はやわらかい紙に包んでからしまいます。兜の両サイドの吹き返し部分なども紙に巻いて保護しておきましょう。 五月人形の台や屏風等の部品類は、から拭きや、はたきをかけたりして汚れを取ってからしまって下さい。黒い部分は余り強くこすると傷が付いてしまうので、優しく拭いてください。 兜の金具に直接手を触れないように注意しましょう。指の脂分や塩分が、お顔や手のよごれやサビの原因になります。手をきれいに洗い、薄手の手袋を着用するか、品物にきれいな布や紙をあてるなどして大切に扱いましょう。古くなった下着など、肌触りの良い綿類の物で拭くと良いでしょう。 5月人形の蒔絵や金細工などの装飾された部分は直接触らないようにして下さい。加工が取れてしまう危険性があります。 鯉のぼりは洗濯機などで洗わないでください。数年たって、汚れたり、口輪などの壊れのリフォーム承ります。鯉の種類によっては色が付く等の場合があります。良く乾かしてから畳んでしまって下さいませ。 ポールや矢車は良く拭いて、グリスを塗るなどして錆びないように保管してください。ポールはアルミ製の場合は良いのですが、木製の場合はシロアリや腐りに気を付けて下さいね。 矢車は消耗品です。何年かすると強度も落ちますので、危険防止の為にも、心配な場合は買い替えをお薦めします。矢車だけでも単品販売しております。 五月人形の収納場所はなるべく湿気の無い所を選んでください。天袋や押入れなどの場合、なるべく高い所にしまって下さいね。ナフタリン等を入れると化学反応で品物が傷んでしまう場合がありますので、お人形用か一般的な防虫剤を適量ご使用下さい。永く飾られお楽しみ頂くことは、何ら問題ございません。

五月人形の購入は下記から