鯉のぼり

鯉のぼりや鎧兜は身を守る道具。武家社会の中で、男子にとって非常に大切なものでした。 やがて江戸時代に入り、泰平の世となってからは、子供の身を守り、災いがかからないようにという願いを込めて、鎧兜や鯉のぼりを飾る風習が広がりました。 赤ちゃんがたくましく立派に育つようにという祈り、そして受験や就職、結婚など人生の幸福に恵まれるようにという気持ちを託して飾るのです。

どんな鯉のぼりを飾ったらいいのですか?

五月人形の種類には、家の中に飾る「内飾り」(鎧飾り・兜飾り・子供大将飾り)と屋外に飾る「外飾り」鯉のぼり(こいのぼり)武者幟に大きく分けられます。 お子様の無事の成長を祈るための内飾り(鎧兜)と、立身出世を祈るための鯉のぼり(こいのぼり)とは、質も意味あいも違うので、両方飾られるのが一般的です。

鯉のぼり(こいのぼり)の飾る時期は?

■鯉のぼりの時期 関東地方:春分の日(3月20日)頃から5月5日まで
■鯉のぼりの時期 関西地方:お雛祭りが終わる4月3日頃から6月5日まで

鯉のぼりの飾りは、なんといっても大切なことは、毎年飾ること。 年1回のお子様のためのお祭りですので、ぜひ、面倒くさがらずに飾ってください。 鯉のぼりに込めたご家族の願いもきっとかなえられるでしょう。 鯉のぼりの収納するのは、節句の期間過ぎますと天気の良い日に収納したいものです。

左画像「ベランダ用」 右画像「庭園用」

鯉のぼり(こいのぼり)に関してのご注意


 ※鯉のぼり撮影環境・ディスプレイ等で画面上と実物では多少色具合が異なって見える場合もございます。ご了承ください。
御家紋入れ・名入れ等の別注品の鯉のぼりは、一週間ほど制作に時間を要します。鯉のぼりのご注文の際に時間の余裕を考慮ください。 鯉のぼりのご注文が集中した場合など、発送が遅れたり、在庫切れで販売できなくなる可能性がございます。その場合受注メールにてご連絡させていただきます。

鯉のぼりの購入は下記から