破魔弓

初正月には、古く中国では、端午の節句に鍾馗(しょうき)と呼ばれる強い武神が現れ弓で悪霊を平らげるという言い伝えがあったといいます。このような風習が日本の宮中にも伝えられ、弓で的を射る「射礼」「大射」などの儀式が行われていました。 平安の頃から、神社などでは魔除けの意味での破魔弓神事や、年占い神事等が斎行されてまいりました。 「はま」は弓矢でいる的、もしくは射的の競技を意味する語で、のちに「破魔」の字をあて、魔を射る矢と解されるようになりました。
これらの神事が一般の人々の間に広まり、現在のように装飾品として飾られるようになったのは鎌倉時代からだといわれています。
江戸時代に入ると破魔弓は飾り物・贈り物として盛んとなり、初正月飾りの代名詞として、いまも変わらず受け継がれ、男児の初正月には、雄々しく、力強く、健やかに育てとの願いをこめて破魔弓は飾られています。

破魔弓(破魔矢)の片付け方・扱いとケアー

・飾る期間 年の瀬の12月13日、事始めの日より良い日選び小正月の1月15日迄(しめ縄おろし)お飾り下さい。
・取り扱い ケースを持ちますときは木枠の上部のみを持つのでなく、必ず手をケースの下に入れて持ち上げるようにしてください。
・破魔矢=矢の羽根・房等の防虫にケース内底に、市販の人形用又は一般的な防虫剤を入れて、おしまい下さい。

破魔弓の購入は下記から