雛人形/ひな人形・五月人形・羽子板・破魔弓・鯉のぼり通販販売の人形屋陣屋
雛人形・五月人形・鯉のぼり・破魔弓・羽子板の通販販売は人形制作の人形屋じんやトップバナー
雛人形・五月人形の人形屋jinyaトップページ 雛人形・五月人形の人形屋jinyaの店舗概要とアクセスマップ 雛人形・五月人形の人形屋jinya雛人形と五月人形のFAQ 雛人形/ひな人形のじんやお問い合わせ 雛人形・五月人形のjinyaリンク集

雛人形(ひな人形)・五月人形の陣屋

確かな品質の「雛人形」、新しい感覚の「五月人形」。
華やかさと気品が漂う至芸作品の数々を一堂に取り揃えました。

雛人形/ひな人形のじんやのこのごろ

 

雛人形・五月人形の日本の行事のこのごろ

 

 

■お買い物はこちらからどうぞ

日本人形の陣屋本店
人形の陣屋本店 

 

日本人形の陣屋Yahoo!店
人形の陣屋Yahoo!店

 

< 五節供のお話 >
江戸時代に定められた五つの式日を節供と呼び、美しい季節のならわしとして今日に受け継がれています。 昔の中国では、節供は暦の上の忌みで禊ぎをして邪気を払うしきたりだったのです。

七草の節供(人日) 1/7
「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ これぞななくさ」春の七草の和歌です。七草粥を作り、一年の家族の健康を祈ります。冬場に、少しでもビタミンを補い、同時に疲れた胃を休めます。 ごちそうを食べ過ぎて、酸性になった身体を中和するのですが、長い間の経験の中から積み重ねられた先人の知恵ですね。1/1に初節句の飾りとして羽子板・破魔弓り魔除け。

桃の節供(上巳) 3/3
桃の節句とは?上巳は室町時代以降女の子の祭り、雛人形を飾る、雛祭として盛んに行われました。女児の健やかな成長を願って飾られる美しいひな人形。親から子へ、さらに孫へと受け継がれる人形には、夢や希望が一杯込めて雛人形を贈る。

菖蒲の節供(端午) 5/5
端午の節句とは?端午は菖蒲の節供ともいいますが、その音に通じるところから、尚武の節供ともいい、武家にふさわしいものとされ、さらには男の子の無事な成長を祝う節句とされました。五月人形、 武者人形、鍾馗、鯉のぼり、ちまきなどが飾られます。

七夕の節供(星祭) 7/7
宮中の祭りで、女性の裁縫の上達を願って行われた祭りでしたが、後には、諸々の技芸の上達を願うようになりました。農耕的行事としての七夕には、農作物の豊作を願い、悪霊やけがれの祓いとして盛んに行われました。 伝説としては、天女と夫婦になった男が隠しておいた羽衣をつけて天に飛び去った天女を追い、自分も天に昇り互いに牽牛星(彦星)と織女星(織り姫)に変身したと伝えられています(他にもいろいろな伝説があります)。年に一度、その星たちが天の川を超え出逢うことができるという、星を祭る行事でもあります。 笹竹に願い事を書いた短冊や切り紙細工を吊し楽しみます。夏のひととき、私たちを宇宙に誘ってくれるロマンチックな行事ですね。 

菊の節供(重陽) 9/9
昔、中国では奇数を陽、偶数を陰の数としました。なかでも、九は陽数の極ともされていたのです。そこから、九の重なるこの日は大変おめでたい日になるわけです。これが、日本に伝わって、菊花の宴として、宮中で例年開かれ、次第に一般化していきました。 長寿の効き目があるという菊の花を浮かべたお酒を飲む風習がありましたが、明治以降はこの風習もすたれ、現在では菊の品評会が催されるくらいです。 

雛人形(ひな人形)・五月人形は人形専門店の陣屋にお任せ下さい。

 

あわじNET≪HPの電話帳≫ 明石市.com≪HPの電話帳≫ 垂水区.com≪HPの電話帳≫